法政大学大学院入学案内 2023 - 学生・修了生の声

人工知能と人がよりよく共存するため AI 技術の拡張に取り組んでいます

理工学研究科 応用情報工学専攻

法政大学大学院入学案内 2023 該当ページのみ (PDF, 1.7MB) 全体 (PDF, 61.8MB)

人工知能と人がよりよく共存するため AI 技術の拡張に取り組んでいます

北田俊輔 博士後期課程在学中 / 日本学術振興会特別研究員

研究テーマ

摂動に頑健で解釈可能な深層学習モデルの開発とその解釈性の評価

私の研究

AI 技術の一つ、自然言語処理について研究を進める中で、特に深層学習と呼ばれる、人間の脳を模倣した手法をベースに人間の言葉を理解させる方法について考えています。深層学習による自然言語処理は、人間と同等以上の言語理解性能を示す予測を提示できる一方で、なぜその予測が出力されるのかを人間が理解するのは現時点では困難です。人工知能技術は毎日のように数多くの論文が発表され、人間を凌駕するような結果も出始めています。そうした中、私はこのような AI 技術が自身の予測を「説明可能」にし、人間がしっかり「解釈」できるように技術を拡張することで、AI 技術と人間の共存を助けるような取り組みを行って結果を出し、世界に発表したいと考えています。

専攻の魅力

研究活動への支援体制が非常に手厚く、私もそのおかげで日本学術振興会特別研究員という、かなりの狭き門で、かつ若手研究者の登竜門とも言われる制度に応募、採用されました。特別研究員に採用後も、国から交付される科研費の取り扱いについて事務方がしっかりサポートしてくださるため、何不自由なく研究に専念することができます。他の私立大学や国立大学にも負けない素晴らしい取り組みだと感謝しています。

Shunsuke Kitada
Shunsuke Kitada
Ph.D student working on Deep Learning

My research interests include deep learning-based natural language processing, computer vision, medical image processing, and computational advertising.

Related